”投資”と”浪費”はどう違う?

以前の記事で僕は

お金に価値はないから若いうちはどんどん使うべき

だと書きました。

お金に価値はない

 

 

しかし価値はなくともお金は便利なものなので貴重なのは事実です。

誰もお金を無駄にしたくはありませんよね笑

 

 

僕が以前書いたお金をどんどん使おうという記事ですが、それを間違って受け取ってどんどん使ってしまうと後悔することになるかもしれません。

 

なぜならほとんどの方が知ってる通り、

お金の使い方には浪費投資があるからです。

 

 

しかし人によって価値観は違います。

自分にとっては投資でも、それを無駄遣いだと受け取る人もいます。

 

 

 

 

 

 

僕は写真が好きです。このブログの写真は全て自分で撮っています。

数週間前に買ったカメラは日本円で20万円以上でしたが、クレジットカードがなぜか使えなかったので、デビットカードで一括払いの購入になってしまいました。

 

 

その翌日クリニックの同僚と

”昨日カメラ買ったんだ!俺Photograoherになるわ!”

”Koki、またガジェット買ったの?いくら?”

”$2300くらい”

”What!?勿体な!

的なやり取りがありました。笑

 

僕は価値ある買い物だと思っても、カメラや写真に興味のない人からしたら大きな出費で勿体いないと感じてしまうのでしょう。

 

 

 

この様に個人の価値観によってお金をかけるものはガラリと変わります。

なので大きな出費をした時にそれが投資なのか、浪費なのかを決めるのは自分だということは疑いはないと思います。

 

 

しかしその二つの違いについて知ることは重要です。

その違いを知ることで浪費を避けることができるからです。

 

 

僕の考える浪費と投資の違いは

自分の価値を高めるものか否か

ということです。



 

僕が乗っている車は1994年式のボロボロのマニュアル車です笑

キウイの友人から使わなくなった車をそのまま頂きました。

 

足回りが硬く車体に凹みはありますが、問題なく走るスポーツカータイプなので僕は結構気に入っています。

 

 

周りの人には割といい車に乗ってる人は多いです。

しかし僕は車に必要以上にお金をかけることは無駄遣いだと思っています。

 

 

車を僕が持っているのは大きな街で交通機関が少ないオークランドでは車が必須だからです。

なので問題なく動けばそれでいいんです。

 

20万の中古車を買おうが、300万の新車を買おうが目的は同じです。

多くお金を払ったからと言って自分がその分の技術や経験を得ることはあるのでしょうか?

 

乗っている最中に乗り心地が良かったり、燃費に多少の差が出たりはあるかもしれませんが、達成できる目的に違いはありません。

何より270万を余計に払ったとしても自分自身の価値は上がりません

 

 

お金に十分な余裕があったり、もう十分自分がやりたいことはやってきたと感じている人はそれでも構わないと思います。

 

でもお金が有り余っていなくて、一番能力が伸びる若い時期に、

自分自身の価値を上げないものに背伸びをしてまで大きなお金を使うことは浪費に分類されるものだと思っています。

 

 

 

 

僕が少し高めのカメラを買ったのは、少し本格的に写真と映像制作に打ち込んでみようと思ったからです。

 

今はスマホが発達し、何の知識がなくても綺麗な写真や動画を簡単に撮れる様になりました。

でも写真や映像は、真剣に学ぼうとするとその世界がいかに深い世界か見えて来るんですよね笑

 

 

構図にも自然にもモデルにも、100%の正解はありません。

だからこそ写真や映像は面白いんです。

 

しばらくすればこのブログでもさらに質の高い写真や映像が使える様になります。

鍼灸を紹介する動画でも目を引く映像であれば多くの人の目に止まるでしょうし、他の物との相互性の高さから新しいプロフェッションとして始めるのは価値があると思いました。

 

 

だからこそ僕にとってはカメラやレンズ、その他の機材を買うことは投資だと思っています。

それでも無駄に買いすぎるのは浪費を生みかねないので注意しないといけません。

(電化製品店を見つけたらかなりの確率で入ってしまいます笑)

 

 

 

 

 

こう考えると何万円もするブランド物の服にバイト代を費やしてた学生時代が懐かしいですね。。

安物にこだわりすぎるのはどうかとは思いますが、何万円もする服を着たところで自分の価値は上がりません。

 

数万円の服は今では着ていないものがあっても、3000円の本の内容は今でも頭に残っていて常に物事を考える際の糧になっています。

 

ブランド物にいくら詳しくても、一般人のそれは虚構の知識です。

雑誌などから得られるトレンド情報などは、どこぞの会社が商品を売るためにモデルや俳優を使ってトレンドを作っているに過ぎません。

もはや操り人形、かつ着せ替え人形です笑

 

なので学生の方、雑誌ではなくなるべく本を読みましょう!笑

 

 

 

 

そして僕が最も嫌いなことの一つにパチンコがあります。

 

パチンコはもはやKing of 浪費です。

時間を浪費し、お金を浪費し、自分を高める機会を浪費しています。

 

何も生まれない空間の中に何時間も座り、脳は停止し、その上お金まで取られてしまう人間がほとんどです。

 

”パチンコに勝って1日で10万儲けた!”なんて言われてもそれで得たのはお金だけです。

なんども言う通り、お金に価値はありません。

 

手首の運動で無駄にした数時間の方が、10万円よりもよっほど貴重なんです。

 

自分で考えた末にようやく得た一万円と

手首の運動で得た10万円では全く価値が違い、

僕にとっては後者には魅力のかけらもありません。

 

なのでただ人を浪費させて社会に何も生まないパチンコが僕は大嫌いなのです笑

 

 



最後は思いっきり話が逸れてしまいました笑

 

 

 

人にはそれぞれ違った価値観があります。

 

 

お金を貯めるだけで使わないことは時間の無駄です。

でも使い方を間違えるとただ浪費を重ねてしまうだけかもしれません。

 

 

今何か大きな投資をしようとしているのであれば、もう一度考えてみましょう。

 

それは本当に自分自身の価値を高めていますか?

 

 

 

以上、○十万するレンズのウェブサイトを眺めてる自分に言い聞かせる記事でした笑





0

この記事が気に入ったら
いいね!

コメントを残す

*