”引き寄せの法則”と量子力学は関係ない

”引き寄せの法則”

という言葉を聞いたことはありますか?

 

 

調べてみると色々な情報が交錯しており、どれが一番スタンダードな考えか定かではありませんが一言で言うと、

願えば叶う的な考え方です(適当な説明ですみません笑 知らない方はググってみてください)

 

 

 

 

アインシュタインが唱えた相対性理論は有名な一方、量子論という名はあまり浸透していませんでした。

 

しかしこの量子論が今の世の中で徐々に浸透してきているのは、量子の不思議な特性によって”引き寄せの法則”が証明されたといった声が挙がっているからと考えられます。

 

実際に僕のブログを見てくれた方の中にも、引き寄せの法則から量子力学に興味を持ったという方も割といらっしゃいます。

 

僕がもともと量子力学に興味を持ったのは全く別の観点からなので、知人から引き寄せの法則について聞いてからそのような理論が存在することを知りました。

 

 

このような記事を書いている以上、僕は量子力学に興味を持っており、そしてスピリチュアルな考え方も嫌いではありません。

 

しかしこの引き寄せの法則に関しては最初に聞いた時、

量子力学は全く関係ないのでは?

という感想しか持ちませんでした。笑

 

 

考え方は自由なので引き寄せの法則については特に反対も賛成もありませんが、

今回書くのはそこに感じる僕個人としての考えです。

 



量子の不思議な特性は、根拠にはなり得ない

まず引き寄せの法則が量子力学と関係があると考えられている理由として、最も挙げられているのが観察者効果です。

 

(以前の記事に書いたので観察者効果についてよくわからない方はそちらを先に読んでみてください)

観察者効果とは

 

 

この世界を構成している全てのものが分子や原子の集まりです。その辺りから量子的振る舞いが起こるミクロの世界に入ります。

 

しかしそれも”観測”という行為によってデコヒーレンスが起こり、量子としての情報を失います。

別の言い方をすれば量子的振る舞いをやめてしまいます。それが観測者効果です。

 

 

 

デコヒーレンスが起こった時に量子が粒子としてどのような動きを見せるかは正確には予測不可能です。

つまりデコヒーレンスの瞬間に現実が決められるのです。多元宇宙論の解釈はそのような考えから生まれるものですね。

 

 

そこから観測する瞬間に現実が決まるのならば、自分たちの意識によって現実が決められるのではないかという考えが生まれました。

それが”強く頭に思い描けば現実になる”という引き寄せの法則が量子力学に関係する、と考えられている所以ではないでしょうか。

つまりそれは意識のある自分たちが観測者だと仮定した上での理論です。

 

 

 

 

観測を起こすのが何なのか長い間謎でした。意識がある人間が観測する必要があるのかどうかも分かりませんでした。

 

それでも研究が進み20年前くらいから確認された限りだと、観測者は意識のある人間である必要はないと結論付けられています。

観測は他の原子や分子と相互作用することでも引き起こされるからです。

 

 

 

そうなった時に意識のある人間が観測を起こすから、現実を変えられるという理論は破綻しているんです。

 

 

なのでもしも引き寄せの法則がその観測者効果で起こり、だからこそ量子力学と関係があると考えられているのであれば、もう一度理論を考え直す必要があります。

 

でもその引き寄せ理論も無理やり量子力学に繋げなくても既になんとなくわかっているようなものだと思うのですが、、

 

 

引き寄せの法則は効く

 

引き寄せの法則の根幹にある考え方は、”自分が疑いなく強く願ったものは現実となる”というものです。

 

この根幹を見ればそれは本当だと思います。

 

しかしそれは特殊な法則などではなく、普通に考えて当たり前のことです。

 

 

 

情報を調べていて何度か見かけたものの中に、この成功者も引き寄せの法則を実践していた!?的な記事も何度か見かけました。

 

 

イチロー選手本田圭佑選手は子どもの頃からプロになると心から信じてそれが実現したからこそ、”引き寄せの法則を実践した”と言われています。

 

でも根本的に全然違いますよね。

 

 

 

お金持ちになりたい、こんな人生にしたい、と強く詳細に願えばいつかはそれがやってくる(もしくは現実が変わる)というのが引き寄せの法則です。

 

願っていれば機会はあちらからやってくるというのが引き寄せセオリーで、いわば周りが動くという究極の他人任せです。

 

 

本気で目指しているものがあってそれに向かって死に物狂いて努力して生きてきたからこそ達成できた人達とは全く違います。

 

 

そんな人達まで引き寄せの法則と括られてしまっては、あまりにも範囲が広すぎます。ちょっと言い方を工夫するだけで成功者は誰でも”引き寄せの法則実践者”と言えてしまいます。

 

 

 

願うだけで自分の波動が影響し、周りが動き、願いが叶うというメカニズムは、僕にはあまり理解できませんし、量子力学とも無関係だと考えています。

 

でも引き寄せの法則のメカニズムは量子だとか波動などよりも断然シンプルだと思います。

 

 

 

大きく成功して名を上げるような人の中に適当な気持ちでことを成し遂げた人はほとんどいません。

 

重要なのは一つのことにどれくらい自分を捧げられるかということです。

どれだけ自分を捧げられるかは想いの大きさに依存します。

 

 

初めから自分のやりたいことに自分を捧げて人生を生きていれば自然と起こることなので、この引き寄せの法則に斬新性も意外性も全くありません。

 

何度も言う通り普通のことなんです。

 

 

僕が初めて引き寄せの法則を聞いた時に、これの何が法則なのか意味がわかりませんでした。

僕の中ではそれが当たり前であるべきだと思っていたからです。

 

 

 

なりたい自分や将来を強く頭の中に描く必要なんて初めからなく、僕は子どもの時から今でも失敗することをあまり考えていませんでした。

 

考えが自分の中で腑に落ちて、ある程度のプロセスが見えたら、疑いなく心から自分にはできると根拠ない自信を持っています。

 

 

個人的にはこれは自分が能天気な馬鹿だからとずっと思っていたのですが(笑)、でもその馬鹿さは人生を生き抜く上でかなり重要なんじゃないかと結構自信を持って言えます。

 

目標とある程度の道筋さえ見えていればできなかったときのことまで考える時間も必要もないと思います。

 

 

自分はこれまでやりたいことをやって、いろんなところに行ってそれなりの挑戦を重ねてきたつもりですが、大体自分が考えていた方向にことは進んできました。

(この先どんなひどい失敗を冒すかはわかりませんが笑)

 

 

なのでそういった意味では僕も引き寄せの法則実践者ということになるのでしょう。笑

 

 

結局のところ何かを達成する順番は、実現させるために心から想うのではなく、

元々心から自信を持っている人が実現させやすいということだと思います。

 

 

常に理論を疑う

 

僕はスピリチュアルな話は嫌いではありません。

科学で証明できるようなことはこの世界のほんの一部に過ぎませんし、その貴重な情報も大きな力によって捻じ曲げられることは歴史を見れば当たり前だと思っているからです。

 

 

 

その逆も然りで、スピリチュアルなものがいつも正しいとも全く思っていません。

 

疑う心を持つことは何より大事です。

 

 

 

僕が一番危険だなと思っている人はどんな人かと言うと、情報を盲目的に信じで疑わない人です。

 

しかしこのタイプの人たち、結構いるんです。と言うか僕もそうならないように必死に足掻いている最中です。

 

 

この世にある全ての事柄に面と裏があります。

見たそのままが全ての事柄なんてほとんど存在しません。

 

 

例えば受験勉強などで必死になって学校で学んだことの一体どれほどが本当の情報なのでしょうか?

もしも学校教育により覚えていることを一度も疑ったことがなければ、だいぶ危ないです。

 

 

本で読んだことも、ニュースで見たことも、このブログで読んだことも(笑)、

全てが嘘(もしくは間違い)をはらんでいるということを自覚する必要があります。

 

 

 

引き寄せの法則も普通に考えると量子力学よりも、古典物理学で説明できるレベルの話なんですよね。

 

 

なぜその理論に量子力学が出てくるかと言うと、量子が僕たちの理解を越えた動きを見せることがとても魅力的だからです。

 

でもだからと言って、説明できない理論を説明するための根拠にはなりません。

 

量子力学がこの理論の説明に使われているのは、物理学的に証明されたと言った方が理論の信憑性が上がるためだと思った方が腑に落ちます。

 

 

 

Law of Attraction(引き寄せの法則)が広まったのはThe Secretという伝記本からです。

著者でオーストラリア人のロンダ・バーンズはスピリチュアルな世界に最も影響を与えた100人に含まれています。その一方で、科学会からThe secretとThe powerについての批判の声も多く上がっています。

 

 

2010年のNew York Times9月号での一部を抜擢すればこのように書かれています。

”The PowerとThe Secretには磁石やエネルギー、量子力学に関しての記載が見られる。これらは死した根拠だ。心の動きを説明するための物理学の謎を誰かが説明していたら、どんな時でも距離を置け。我々には既に’心理学’と’神経科学’という分野がそれらの問題解析に当たっている。バーンズの数知れない擬似科学の理論はほとんどが’知識の錯覚’であり、社会科学者は我々は実際に自分たちが理解していることよりも理解していると信じる傾向にある、とみなしている。”

The Power and The Secret are larded with references to magnets, energy and quantum mechanics. This last is a dead giveaway: whenever you hear someone appeal to impenetrable physics to explain the workings of the mind, run away – we already have disciplines called ‘psychology’ and ‘neuroscience’ to deal with those questions. Byrne’s onslaught of pseudoscientific jargon serves mostly to establish an ‘illusion of knowledge,’ as social scientists call our tendency to believe we understand something much better than we really do.”

 

 

全ての本は信じるべきではありませんし、その情報を信じるべきかを選ぶのは自分自身です。

 

しかし量子力学のような物理学の分野を一番理解してそれを信頼できるのは、物理学者であることには間違いはありません。

 

もしも量子力学に興味があるのならば、引き寄せのための量子力学ではなく物理学としての量子力学を信じるようにしましょう。

 

 

 

仮説を立てるのは自由だし、大事です。立てるだけタダなんだからどんどん立てましょう笑

 

でも”こうであって欲しい”という願望のために理論をこじつけることは中立的な理論ではありません。

 

 

 

仮説が破れることはいいことなんです。可能性が一つ消えるのは大きな前進ですから。

 

なので仮説を立てても、やっぱり理論に合わないなと思ったらさっぱりそのアイデアは切り捨てる方が前に進んでいけます。

 

 

どんなことにも信者になるのだけはやめましょう。

 



終わりに

 

今回は長々と引き寄せの法則について書いてきました。

最初に書いた通りこれは僕の意見ですので、色々な考えがあるのは当然です。

 

 

大事なのはどの情報も疑うことで、引き寄せの法則の理論についてどれくらい信憑性があるのかを中立的に判断すれば、

考え自体は間違ってはないけど量子力学は関係ないというのが有力な見方だと思います。

 

 

 

なのでこれは物理学的な考えとは全く関係ない、

”マインドセットの話”として割り切って考えるのは全然ありだと思います。

 

 

 

こんなところまで影響を出せるほどに量子力学が面白い理論だ、ということですね。

 

 

ところでこんなに書いておきながら、僕はThe Secretをまだ読んでいません。(笑)

こんなに意見した以上、一度は読んでみるべきですね。

 

 

読んだらその結果どう思ったかも更新したいと思います。

 

 

参考:

CHRISTOPHER F. CHABRIS and DANIEL J. SIMONS, Fight ‘The Power’, The New York Times 24 September 2010.

 





この記事が気に入ったら
いいね!

”引き寄せの法則”と量子力学は関係ない” への8件のフィードバック

  1. ブログいつも楽しく拝見させて頂いています。
    あなたのブログを読み、量子力学の観察者効果について知識を深めることができました。今回のブログを読み、今まで自分の中で疑問に思っていたこととテーマが似ていたので、ぜひ質問させて頂けないでしょうか?
    2015年くらいに、オーストラリア国立大学の研究チームがある実験を行い、「測定がすべてであることを証明している。量子レベルでは、あなたがそれを見ていなければ現実は存在しない」と発言しているのですが、この発言の意図はどういう意味なのでしょうか。http://www.anu.edu.au/news/all-news/experiment-confirms-quantum-theory-weirdness
    人間の意識ではなく、ほかの相互作用でも観測となり得るはずなのに、人間が見ていないと存在しないという発言に矛盾点を感じています・・
    ちなみにその実験はネイチャーという雑誌に論文が載ったみたいです。
    http://www.nature.com/nphys/journal/v11/n7/full/nphys3343.html
    興味本位で量子力学を調べてたら、逆にモヤモヤしてしまいました笑
    これからもブログ楽しみにしています!

    1. kooriさん、コメントありがとうございます!
      ホイーラーの遅延選択実験が証明されたという研究ですね!
      これの元々の思考実験は二重スリット実験で示されているような”観測”がその粒子や波の形を本当に決定するのかという疑問を確かめるために20世紀末頃に提唱されていたものです。それが実際の実験でも確認されたということだと思っています。
      実際に観測が起こるのは原子との相互作用でほぼ間違いないと思います。この実験は”量子レベルの事象は初めから決まっているのではなく、観測によって決定され、それゆえに過去もその観測結果によって変わり得る”と確認できたというだけです。

      なので”人間が観測しない限り現実が存在しない”というのはこの実験とは少し解釈がずれているのではないかと思います。記事の原文にある、”At the quantum level, reality does not exist if you are not looking at it”のyouはあなた(人間)と言っているいるのではなく、英語の言い回しで使われる”一般の概念”を指すyouではないでしょうか。

      量子力学はまだまだ未熟な分野でいろんな解釈があるので絶対的な正解は存在しません。
      なので分からないことだらけでモヤモヤしますが、こんなところからも自分なりの解釈ができれば一番いいですね!興味深いコメントをありがとうございます!

      1. お忙しい中、非常に丁寧に分りやすくご返信頂きありがとうございます!今回の実験は人間の認識とは関係なく、英語コメントの解釈も違っていたのですね。笑
        さまざまなネット記事の内容や、自分の理解度の低さでまったく分らなかったため、大変助かりました。
        量子力学についてはそのほかにも、マクロなスケールの場合の疑問もいくつかあったりします・・
        マクロな物体になると、粒子の数が膨大なため、特殊な振る舞いは無くなり、観測の影響は無くなるのか?それとも、マクロな物体もミクロの物質の集まりなので、観測の影響は受けるのかなどです。
        何かダラダラ書いてしまいすいません。笑
        また、もしよろしかったら教えてください!
        ちなみに、「人類の存在意味」についての記事も読ませて頂き、生きていく上での人生観も考えさせられました。自分の存在は宇宙にとってあまりに小さい上に、生きている時間も僅かなのに、人類が勝手に作り上げた価値観に沿って生きるのは何か違う気がしてきました。ただの感想になってしまいましたが笑、素晴らしい記事をありがとうございます!

        1. 少なくとも人間の認識がデコヒーレンスを起こすという認識はこの実験からは読み取れませんね。観測という行為が一体どこまでを指すのかはまだ定かにはなっていませんので明確な定義はないですが、いろんな解釈はあるはずなので得られる情報からどんなものか自分で考える必要がありそうです。

          マクロとミクロの境界線も未だはっきりとはわかっていません。しかし原子と原子が相互作用することによってデコヒーレンスが起こることはわかっているので、そうなると大きい物質であるほど量子のコヒーレント状態を保つのは極度に難しくなるのは間違いないです。
          一方、光合成のメカニズムは量子的な動きなくしては不可能と言われているのですが、あのような原子や分子が入り乱れる葉っぱの中でどうやってコヒーレント状態を保っているのかは判明していません。なのでないかしらまだ発見されていない方法で観測を受けない方法があるのだと思うのですが。。
          これも調べたところで答えはありません。またモヤモヤです笑

          あんな長い記事も読んで頂けて嬉しいです笑
          人に話しても”考えすぎ”で話が終わってしまうことがほとんどなので(笑)、楽しんで頂けたのならよかったです!

  2. はじめまして。引き寄せの法則からこちらへ来ました。
    文章もすごく分かりやすくて面白いです。理解できました。

    量子力学が引き寄せの法則と関係していると言われているのは、「観察者効果」ではなく「量子もつれ」の方だと認識していました。
    「観察者効果」では引き寄せはならないと思います。

    専門的な事が分からないので調べている中、こちらへお邪魔しました。
    感じていることをコメントさせて頂きました。

    1. anzuさん、
      コメントありがとうございます!

      僕が調べた限りだと引き寄せの法則が成り立つのは、”観察者の意識が物質の形や現象に影響を及ぼして、現実を創る”という理論が根底にある為だと認識しています。その理論の上に”量子もつれ”という概念が含まれることはあるかもしれませんが。
      なので観察者効果が必要ではなく、量子もつれのみで引き寄せの法則が成り立つとなれば僕が見つけたものとは違う理論で、引き寄せの法則にも様々な解釈があるということになりそうです。
      まぁ学問でもないので様々な解釈があって当たり前ですが笑

      違いについて興味があるのでよろしければ簡単に情報を教えていただけると幸いです。

  3. 僕が、エイブラハムの「引き寄せの法則(波動共鳴引力の法則)」に興味をいだくきっかけになった番組が、NHKスペシャルの「超常現象 科学者たちの挑戦」ですね。直接 「引き寄せの法則」と関係あるものではありませんが、そこでの砂漠の祝祭 バーニングマンの「燃える巨人」を利用した実験で乱数発生器が人間の意識に共鳴したり、あるいは テレパシーと「量子もつれ」の間に類似性があると指摘する科学者がいたりと、どうも人間の意識というのは一種の波動であり、量子に何らかの影響をおよぼすのではないかと思うにいたりましたね。まぁ、僕の信じる「引き寄せの法則(波動共鳴引力の法則)」は「信じる者は 救われる」レベル (^-^ゞではありますが、今後もっと人間の意識と量子の関係が科学的に解明されるといいなぁと思っています。

    1. naoさん、コメントありがとうございます!
      僕も”意識”は量子レベルの次元の存在であるという考えには共感します。そしてそれこそ”信じるものは救われる”という思考をもっと細かく見たところに引き寄せの法則の罠が隠れているのではないかなと感じます。

      僕の考えでは”信じるものは..”とひとえに言っても何を信じるかについてが大事で、例えば特に宗教を持たない僕としてはもしジーザスを信じたからと言って救われるとは思いません。仏に祈れば救われるとも思いませんし、そしてそれらと同様にエイブラハムの引き寄せの法則を信じたとしても救われるとは思いません(誤解を生むような発言ですが僕は宗教に異を唱えているわけではありません笑)。
      僕が信じることで結果的に救われると思うのは何よりも自分自身です。つまり、”周りの誰がなんと言おうと自分にはできるんだ”、”自分の選択は間違っていない”という自信にこそ自分の叶えたい未来を引き寄せる力があるのではと思います。

      つまりここが僕がこの記事で言いたかったことは、引き寄せの法則とは”信じれば現実を引き寄せるのではなく、自分を突き進ませるためのマインドセットとして働くものじゃないのかな”ってことです。

      まぁ僕の考えがまるっきり的外れということももちろんありますんでnaoさんの仰るとりこれからどんどん意識とはなにか脳科学で解明されて行って欲しいです。笑
      このように色々と想像を膨らませることができるのも量子論の面白いところですよね^^

コメントを残す

*