ニュージーランド南島縦断の旅 Part.4

 

南島の縦断旅のレポートを数回にわたって書いてきましたが、

今回がようやく最後です。

 

 

当初は2回くらいに分けてと考えてたんですが、壮絶な間延びでもう4回目です。

 

 

 

 

前回まではネルソンから、クイーンズタウンまでの道のりを書いてきました。

 

 

👇前回までを読んでない方は是非そちらからどうぞ

NZ南島縦断の旅Part1

 

NZ南島縦断の旅Part2

 

NZ南島縦断の旅Part3

 

 

 

5~6日目:クイーンズタウン~ダニーデン

 

クイーンズタウン・アロータウンを歩き回って、

久しぶりに友人宅でゆっくりと睡眠をとることができた、その翌日

 

 

 

予報ではその日は雨でしたが、

 

曇ってはいますがしっかりと日が出ています!

 

今回の南島旅では結局一度も雨は降らず。なかなか運が良かったです

 

 

 

この日は別のクイーンズタウンに住む鍼灸師の友人に山道を案内してもらうということで

早朝から待ち合わせ。

 

写真は友人宅の近所から見た景色です。

 

TSSアーンスローもバッチリ見えます

 

 

 

 

 

車でちょっと移動し、山道脇にあるトレキングコースから少し登っていきます。

 

そこまで急でもない道を登っていくと

 

突き出た岩の上に出ました。

 

左奥の方が町ですね

 

 

 

さらに登っていくと様々なビュースポットがちょくちょく現れます

 

 

この角度は町の方までよく見えますね

 

いろんな種類の鳥のさえずりがたくさん聞こえます。

さすが鳥大国NZ。

 

 

 

歩いてると後をずっとついてくるファーンテイル

 

 

ずっとついてくるのかわいいですよね。

最初僕は懐いてくれたのかなって思ってましたが、どうやら人間に驚いて飛び出る虫を食べるためについてくるのだそうです。

 

懐かれてないです。餌に使われてました。でもかわいいから良い。

 

 

 

 

そのあとはその鍼灸師の友人とコーヒーやパイを食べて、

 

彼は午後近くから仕事だったので彼のクリニックについてしばらくリラックス。

 

 

長時間のドライブで最近背中がガッチガチなんですよ〜

なんて話していたら、

あ、じゃあベッドにどうぞ。技術を測るとかはなしにして治療するよ(笑)

って言われて、喜んで治療を受けることに。

 

 

時間があまりなかったのですが、インターナルの治療から腰の張りまで治療してもらい、

もう全身スッキリ

 

 

自分が治療はしてもなかなか治療を受ける機会がないので、

久しぶりに治療を受けて改めて鍼の凄さを再実感

 

彼も日本鍼灸をしていますが、僕とはまた違ったアプローチ方法で

すごく勉強にもなりました。

 

 

いろいろ話して、時間が来たので名残惜しい中クリニックを後にしました。

 

人と話すっていいですね。笑

また孤独な一人旅に戻ります笑

 

 

 

そしてクリニックを出ると、、

おお。。

 

 

 

虹が出てる!!

 

 

湖の上に綺麗に虹がかかっていました。

 

山の奥の方では雨が降っていたんでしょうか。

 

綺麗に見えてます。

 

 

虹のカーテンをくぐるTSSアーンスロー号。

 

 

 

 

NZの自然がもたらす景色って一つ一つが本当に綺麗です。

 

 

美しい景色のBGMは、

湖のほとりの歌う犬。

 

 

 

 

湖のほとりにはマーケットが開催されてました。

ニュージーランドでは各地でよくマーケットがありますが、基本的には週末にあります。

しかし金曜日のこの日に偶然開催されていたので、お土産とかを買って行きました。

 

 

裏にある山がくっきりですね。

 

 

 

雪がかかればもっと綺麗だろうな〜。

 

 

ちなみに友人の話では僕が去った次の日に山に雪がかかってたみたいです。

そして僕がくる前夜まで数日間オーロラも見えていたらしいです。

 

 

うーん、両方みたかった。。

 

 

 

でも自然は簡単には見えないからこそ美しいんですよね。

 

というわけでそれらの楽しみは次の訪問の時にとっておきます!

十分すぎるくらい綺麗な自然は見せてもらえたので笑

 

 

 

 

さて、そうこうしてればあっという間に午後12時を過ぎてました。

 

 

二泊三日で満喫したクイーンズタウンを去って

最終目的地、ダニーデンに向けて出発しました。

 

 

 




 

 

クイーンズタウンからダニーデンまでの道のりはこれまでに比べるとそこまで遠くはありません。

 

と言っても3時間半ですね。

 

長距離に慣れすぎてこれで軽い運転だと感じてしまうから怖いです。笑

 

 

 

クイーンズタウンを出て移動を開始しましたが、

NZは移動中の景色も本当に楽しい。

 

 

 

でも写真をいちいち停まって撮っていたら時間が圧倒的に足りないです笑

 

 

 

なるべく停まらないようにしながら進みますがどうしてもいい感じのところを見つけたら

止まりたくなってしまうもの。

 

 

 

こんなところとか。

 

 

青々とした川の横にこんな小道があれば

行ってしまうのが人の性。

 

 

 

 

木の枝がバシバシ車にあたりながらも進むと

広い場所に出た。何もないけど

 

でも川は綺麗!

 

 

綺麗な景色でドローンも飛ばしますが、ここは風が強すぎました

 

 

一通り撮り終えてこちらに帰って来させようとしても、向かい風で全然帰ってこない

 

フルスピードでこちらに向かわせても10秒以上やってようやく1メートルとかしか進みません。

 

ちょっとずつこちらに進んでても、風がさらに強く吹けば距離もまた少しづつ離れていきます。

距離はだいたい自分から250mを行ったり来たり。

 

川の真上なのでそこに着地することもできず、、、、

 

高いとこじゃダメだと思い高度を下げると少し風が弱まったのか、ゆっくりとなんとか帰ってきました

 

バッテリーも結構少なくなってたので、ドローン史上一番焦りました笑

 

 

 

 

 

はい、なんとかドローンを取り戻したところで道に戻ります。

 

 

 

 

いろんな町を通過する中通ったアレクサンドラという小さい町。

 

 

 

なんかあります。

 

最初は横の橋を通過したのですがこのオブジェみたいなの面白いと思って引き返してしまいました

時間ないのに笑

 

昔あった橋の名残でしょうか。

 

看板等あって、観光客もいましたが読まずに帰ってきたため、結局なんなのかわかりませんでした。

全ては時間がないせいです。

 

 

 

 

 

山をまた超えていきます。

 

同時に色んなNZな景色も通過。

 

ハイジに出てきそう。

 

 

 

 

山を超えてダニーデンにだいぶ近づくと

またちょくちょくと小さい町があります。

 

すると NZらしい風景の中に馬に乗って移動している人たちを発見!

 

 

ちょっと馬を降りて何かしています。

 

 

近づくと、、

子どもです。

 

 

しかもどうやら女の子たちみたいです。

 

 

 

子どもの頃から馬のそばで育ち、これで散歩しているんですね。

 

自転車ペットの犬を足した感じでしょうか笑

馬を日頃から見ない自分からは想像できないです。

 

 

 

その先には古い感じの巨大な教会が。

 

 

ダニーデンまであと少しです。しかし日もだいぶ落ちてきました。時間との勝負

 

 

 

 

そしてようやくダニーデンに到着!

遠くに巨大な古い建物が見えます。

 

 

 

日中にダニーデンに着きたかった理由としては、ダニーデンにある

NZに存在する唯一の城、ラーナック城を見たかったからです。

 

 

 

しかしダニーデン市内についてマップで場所を確認すると、、

片道30分以上。往復1時間以上。

 

 

日ももうすぐ暮れそうだし、

さすがにもう運転で疲れてたので今回はなしってことにして街を周ることにしました。

 

また来るので。(本当にこの言葉何度目だろう)

 

 

 

とりあえず先ほどの通りから見えた大きな建物のあたりが

中心部っぽいのでそこを目指すことに。

 

 

 

 

でっかい建物これでした。

オタゴ(クイーンズタウンなども含むこの地域周辺)の最初の教会らしいです。

 

 

結構でかいです

 

 

でもさらに大きく見えてたのは坂の上にあったからみたいですね。

それでも十分でかい建物ですが。

 

 

 

さて学生の街とも称されるくらい古い大学が多いダニーデン。

街にも古い建物が溢れています。

 

 

ダニーデンはニュージーランドで一番最初にヨーロッパ人が移り住み始めた地域らしく、

ヨーロッパのような趣を感じさせます。

 

そして特にスコットランドからの移民が多く、建物もスコットランド風な建物が多いです。

 

ダニーデン駅。駅もおしゃれです

 

 

 

結構暗くなってきましたが、さっきの教会のシルエットがすごく雰囲気出ています。

ホグワーツみたいです。

 

 

 

 

 

旅の最後の夕食を探そうということで、ダニーデンの中心にある円形の通りをぶらつきます。

 

この辺りにも古い建物が多く、感覚としては違う国にいるような感じに陥りました。

 

ここは8角形の通りらしく、オクタゴンと呼ばれているようですが、

どうやらこれとほぼ全く同じ景色の通りがスコットランドにあるみたいです。

 

最初に移り住んできたスコットランド人が、第二の故郷とするために

全く同じ通りを形成したみたいです。

 

ぜひマップで通りを確認してみてください。綺麗な通りです。

 

 

残念ながらスコットランドのどの通りかは見つけることができませんでした。

スコットランド人の患者さんが何人も言っていたので間違いはないはずですが、、、

どこか知っている方、もしいたら教えてください。

 

 

 

 

夕食を済ませ、その日は空港の近くのキャンプサイトで就寝。

 

 

 

 

 

最後の夜を終えました。

 

 

 

 

 

 

6日目(最終日):ダニーデン〜ウェリントン・オークランド

 

翌朝。

 

 

空港にレンタカーをドロップします。

 

6日間一緒に旅したこの車。

 

 

愛着がすごく湧いてしまって、最後はずっとありがとうなって言いながら空港まできました笑

 

移動も、車内泊も全てこの中でした。

良い旅をありがとう!

 

 

 

 

 

その日はダニーデン空港を朝から出発し、北島の一番南のウェリントンに飛びます。

 

そこからオークランド行きに乗り換えますが、乗り換え時間が8時間

なので街に行って少しだけ観光をします。

 

 

空港の大きなロードオブサリングのモニュメント。映画の街なだけあります。

 

Embassy。世界でもっとも古い映画館の一つらしいです。

 

ウェリントンをもっと観光をする予定でしたが急ぎ足の長い旅を終えたので、

この日はもうほとんどカフェでゆっくりと過ごしてました。

 

 

ウェリントンはオークランドからも陸続きで運転して週末でも来れるので

また近いうちにゆっくりと観光しにくる予定です。

 

 

 

 

旅の終わりに

 

こうして長かった旅が終わりました。

 

 

今回僕の通ったルートです。

 

 

 

一人で旅をするというのは僕個人の考えでは結構重要なことだと思っています。

 

 

 

なんで一人で旅に行くの?

友達いないの?

一人旅なんて話し相手もいないのに寂しいじゃん。

 

 

そんなことを言ってくる人、たくさんいます。

 

 

でも根本的に旅行は目的が違うんです。

 

 

多分そう言ってくる人は、その区別ができていません。

 

旅行は現地の雰囲気や、観光地を楽しむものですが、

旅とは、その移動そのものとその時間を楽しむものです。

 

 

旅で“時間を楽しむ”となった時に、

 

現代のしがらみの中にはない自分だけの特別な時間を楽しむことができる。

 

それが一人旅。

 

 

 

周りにいつもそばにいてくれる人がいる。

自分のエネルギーを使ってあげたい人がいる。

頭の中でいつも考えてる人がいる。

 

 

そんな恵まれた環境にある人ほど、

一人になる時間というものは尊く、価値のあるものだと思っています。

 

 

ぜひ一人旅が寂しいものだと考えている人はチャレンジしてみてはいかがですか?

 

 

 

では、これで長かった旅の記録。

 

終わります!

 

 

 

撮った動画等は編集して後日また記事にしてあげるのでご期待ください。







にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね!

コメントを残す

*