“オタク”と呼ばれる人間でいよう

 

どうも、Kokiです

 

 

日本の文化、たくさんありますね。

寿司や、テリヤキコスプレや、サムライアニメ、、

 

日本の文化が海外に浸透している今、

海外にいると余計に日本の文化を再実感することが多いです

 

 

その中の一つに“オタク文化”というものがあります。

 

これはいわゆるアニメや、アイドル好きの大人が日本に数多くいることから定着した文化名ですが、

 

今日はとりあえず人間は誰でも何かのオタクになりましょう

という話をします。

 




オタクとは?

 

 

“オタク”という言葉、皆一度は耳にしたことはあるはずです。

 

意味を調べると、いろいろありますが、その一つに以下の表記があります。

 

 

オタク[名]

④ 俗に,特定の分野物事を好み,関連品または関連情報の収集を積極的に行う人。狭義には,アニメーションテレビ-ゲームアイドルなどのような,やや虚構性の高い世界観を好む人をさす。「漫画―」

スーパー大辞林より引用

 

 

狭義ではアニメやゲームなどを好むいわゆる”タク”があるようですが、

基本的には何かを非常に好み、それに対して積極的に生きている人を指す言葉のようです。

 

 

アニメやゲーム好き=オタクではないってことですね。

 

 

ということなのでタイトルにある“オタクでいよう”というのは

別に”アニメヲタクでいよう”というわけではないです笑

 

ではオタクでいようとはどういう意味なのか。

 

 

 

英語で言う”オタク”

 

この”オタク”という言葉にはいろんな意味がありますが、日本語だけに留まらず、英語にも存在します。

 

つまりオタクと呼ばれる人間は日本だけではなく、海外にもいるということです。

 

 

一つずつ挙げていきます。

 

日本のアニメやゲームの”オタク”の場合にはそのまま

Otakuで通じることが多いです。

 

アニメのオタクはSushiやTsunamiの様に、日本文化から生まれたものなので、そのまま英語圏でも使われている様です。

 

 

アニメやゲーム等に限らない”他の何かのオタク”は英語で

Geekと言います。

(Freakや、Nerdという言葉もありますが、NerdはちょっとだけGeekよりもネガティブなニュアンスがある様です)

 

 

なので、例えばコンピューターオタクなどに対しては

Computer geek(freak, nerd)という様に言うことができます。

 

 

そしてもう一つ、僕が”〜オタク”に近いと思う言い回しがあります。

 

それは”Particular about~”です。

 

これが多分一番ポジティブな含みがあると思うのですが、

直訳すれば“~にこだわりがある”といった言い回しです。

 

例えば、“彼はかなりのコーヒーオタクです(彼はかなりコーヒーにこだわりがあります)”というように言いたければ、

He is very particular about coffee.

と言えます。

 

 

日本語では”オタク”という一つの言葉ですが、こうやって他の言語から考えると別のいろんな意味が見えてきますね。

 



オタクでありたい理由

 

“オタク”の意味を振り返ると、

 

結局はある事柄に対して、

大多数の人とは違う情熱を持ち、それに熱心に取り組む人

になります。

 

 

 

この世の中に新しいものを生み出した人、

この世界の歴史に残る変化を与えた人、

周りの人の心に影響を与えた人、

 

誰でもいいので頭の中に思い浮かべてください。

 

 

 

その人たちは多分何かのオタクではありませんか?

 

 

何かに対して強い情熱を持ち、

他の周りの人に理解されなくても、時には変人呼ばわりされても、

それでも自分の情熱を貫いた人こそが何かを残せる人間になるのです。

 

 

 

特に何かに対する情熱もなく、すべての物事に対して落ち着き払ってる人が

そのような偉業を成し遂げたことは多分一度もないと思います。

 

 

趣味なんて何でもいいんです。

周りから何をやってるんだと言われてもいいんです。

 

 

自分の情熱を注ぐものが周りの人に理解される必要は全然ない。

なぜなら、もし周りのほとんどの人が興味のないことにあなたが情熱を持っているのならば

それは間違いなくあなたの才能だからです。

 

 

大多数と感覚が一緒であれば、周りからは馬鹿にもされないし、何も言われないかもしれません。

その代わり一度きりの人生を多分大多数と同じように歩みます。

 

 

まずは、周りと違うことに誇りを持ちましょう。

それだけであなたは何か大きな影響を起こせる可能性を秘めた人間になります。

 

 




まとめます

 

 

子供の頃はみんな好奇心の塊です。

 

知らないことがあれば知りたいし、好きなものがあればそれを調べ尽くします。

 

ポケモンの名前も、遊戯王カードも、仮面ライダーの種類も、

子供は誰に言われるまでもなく覚えています。

 

それは間違いなく情熱です。

人は皆、情熱を持って生まれてくるんです。

 

 

でも大人になって、何に対しても落ち着いてしまった人がこの世界には多数います。

 

個人的にはそんな人よりも、

子供のように目をキラキラと輝かせて、何かを熱弁する人の方が魅力的だし、話していて何倍も楽しいです。

 

 

僕は趣味が多いです。

 

僕の紹介ページを見てもらえば僕の趣味も書いていますが、それはほんの一部です。

 

 

 

例えばこの記事のトップの画像。

何かを作るのが好きなので、プラモデルを組み立ててその写真を撮ったり、ただゆっくりと眺めるのが好きです。

 

と言っても今は海外暮らしで値段も日本の三倍くらいするときもあるし、引っ越す時に邪魔になるので控えています。笑

 

 

 

何はともあれ、人のオタクな面はその人の人間味を引き立てます。

 

 

もしも自分が誰かに”〜オタク”と呼ばれたら喜びましょう笑

それだけ人に認められたということです。

 

 

 

周りの評価のせいでやりたいことができずに、可能性が終えてしまった人が世にはたくさんいます。

これを読んだ人は、そのような人を増やさないためにも人の趣味が理解できなくても応援してあげる広い心を持ってください。

それで世界はもっと誰にでも生きやすくて、楽しい世界になるはずです。

 

 

てわけで最後に男なら多分誰もがときめくゾイドの写真を。

 

 

 



この記事が気に入ったら
いいね!

コメントを残す

*